歴史

スイカのお話し
スイカの歴史に関する情を紹介いたします。

江戸時代のスイカはシマシマではなかった

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

歴史シリーズ 江戸時代のスイカ柄について調べてみました。

確かに、江戸時代のスイカは一般的には現代のようなシマシマ模様を持っていませんでした。江戸時代のスイカは、主に緑色の皮で、内部は赤やピンク色をしていたと言われています。

江戸時代のスイカは、品種改良が進んでいない時代であり、現代のようなシマシマ模様や甘さを持つ品種は存在していませんでした。また、当時のスイカは現代のものと比べて小さく、種の数も多かったとされています。

江戸時代のスイカは、水分を多く含み、さっぱりとした風味が特徴でした。また、種を取り除くためにスイカの果肉を削り取り、そこに砂糖や塩を加えるという食べ方も一般的でした。

シマシマ模様を持つスイカは、品種改良の結果として近代になってから登場しました。具体的なシマシマ模様を持つスイカの品種は、19世紀末から20世紀初頭にかけて、日本で育成されたものが広まりました。

したがって、江戸時代のスイカはシマシマ模様を持っていなかったが、風味や食べ方は一部似ている点があります。

如何でしたでしょうか。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。