その他

スイカのお話し
その他情報を紹介します。

スイカを侵す病気とは

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

ちょっと気になる話題!調査してみました。

スイカを”食い荒らす”恐るべき病害の正体とは?

夏が旬のスイカ。甘みたっぷりの赤い果肉を想像するだけで口溶け良いその味わいを思い浮かべますよね。ところが、スイカ畑を徘徊する”恐るべき病害”のために、見事な実がぐちゃぐちゃに食い荒らされてしまう事態が後を絶ちません。一体何がスイカを蝕むのか、その正体と対策を知っておくべきです。無防備なスイカを守り抜くため、この機会に特殊な病害の実態に迫りましょう。

スイカと薬

スイカを食い荒らす病害の正体は”疫病”と”ウリ類べと病”

スイカを蝕む病害の代表格が、「疫病」と「ウリ類べと病」です。疫病は放射状の病斑ができ、激しい場合は果肉までむくみ、腐敗させてしまいます。一方のベと病は、斑点状の病斑ができ、進行するとスイカ全体が腐ってグチャグチャになってしまうのです。いずれも夏の高温多湿な環境で発生しやすく、一度発病すると野放しにできない恐ろしい存在です。

予防するには栽培環境の管理と薬剤散布が必須

これらの病害を予防するには、栽培環境の管理が何より重要です。通気性のよい畑を選び、排水対策を怠らず、密植は避ける。そして発病初期から薬剤を散布し、つるや枝の切除などで被害の拡大を食い止める。こうした地道な対策こそが、スイカを病害から守る最善の方法なのです。

病害に負けずに甘~い実を実らせるために

夏が旬のスイカですが、高温多湿という病害が発生しやすい環境に曝されがちです。生産者は日頃から細心の注意を払い、少しの異変も見逃さぬよう気を配る必要があります。そうした努力があってこそ、我々は安全で美味しいスイカを食卓に並べられるのです。農家の皆さんの尽力に感謝しつつ、病害から守られた良質なスイカを味わいましょう。

まとめ

スイカを潰してしまう恐ろしい病害の正体が、「疫病」と「ウリ類べと病」であることが分かりました。こうした病害から作物を守るのは一筋縄ではいきませんが、生産者の皆さんの地道な対策の賜物で、甘くて美味しいスイカが食べられているのです。

如何でしたでしょうか。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。