スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカの保存方法

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカを買ったはいいが、大きいスイカの保存方法を知らないと美味しく食べられる期間が少なくなってしまう!もったいない!!この機会に覚えましょう!

スイカの保存法の秘伝を伝授!旬の甘さを長く楽しむ法則

みずみずしくて甘いスイカは、夏の大人気フルーツですね。でも、一度に食べきれずに残ってしまった時の保存方法に悩んだことはありませんか?スイカはさわやかな味が日持ちしないと思われがちですが、実は適切な保存法さえ知っていれば、長い間おいしさを保つことができるのです。今回は、プロの知恵を伝授する”スイカの保存法の秘伝”をご紹介します。

冷蔵庫に入れるのはNG!?室温保存が鉄則

意外なことに、スイカの保存には冷蔵庫は適していません。冷やしすぎると甘みが落ちてしまうからです。むしろ、スイカは常温の場所で保存することが鉄則となります。周りの環境温度が20度前後が理想的で、そうすれば長期保存も可能です。

切った断面からの老化を防ぐ方法

スイカを切った際、断面から空気に触れて酸化が進み、老化が早まってしまう可能性があります。それを防ぐには、半分に切った断面を密着させるのがコツ。万が一できない場合は、ビニール袋に空気を入れずに密閉して保存しましょう。

保存期間は常温で3日、冷蔵で5日が目安

適切な保存方法を心がけていれば、スイカを長期間おいしい状態で楽しめます。常温保存であれば3日ほど、冷蔵保存でも5日前後は新鮮な甘みが持続するでしょう。ただし、長すぎると甘みは失われるので、お早めに食べきることをおすすめします。

生の実より、フレッシュな果汁が簡単長持ち

スイカを搾ってフレッシュな果汁にしてしまえば、もっと長期間美味しさが保てます。しかも、スイカジュースはさまざまなアレンジが楽しめて、食卓を賑やかに彩ってくれます。旬の味覚を手軽に楽しめる方法として、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

スイカの保存法の秘伝を心得れば、おいしい時期を逃すことなく、思う存分甘い旬の味を楽しめます。この夏、ぜひ手軽な工夫でスイカライフを満喫してみてください。少し気を付けるだけで、スイカの魅力が一層広がることでしょう。

こんな記事を探しました。

スイカの栄養価を高める一番の方法は、常温での保存

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。