スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

中国国内のスイカ消費量がすごい!

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

中国の生産量もさることながら消費量もこれまたすごいので驚き

中国のスイカ消費量が日本の10倍!?秘密は「究極の甘さ」にあった

日本人の夏の風物詩といえばスイカ。しかし、その消費量は中国に遠く及びません。なんと中国のスイカ消費量は日本の10倍以上!その秘密は、中国のスイカが持つ「究極の甘さ」にありました。

中国のスイカ消費量、なぜ日本の10倍も?

農林水産省の調査によると、日本のスイカ年間消費量は約70万トン。一方、中国農業部の発表では、中国のスイカ消費量は驚きの約7,500万トン!人口差を考慮しても、中国のスイカ消費量は日本の10倍以上です。この膨大な消費量の背景には、中国独自のスイカ文化があります。

中国スイカの秘密、「究極の甘さ」とは?

中国のスイカが持つ最大の特徴は、その「究極の甘さ」です。中国の農業技術研究所が開発した「超甘糖」という品種は、糖度が20度以上。日本の一般的なスイカの糖度が10~13度であることを考えると、その甘さは想像を絶するものです。この驚異的な甘さが、中国人のスイカ消費を加速させているのです。

スイカは中国の「国民的果物」!?

中国では、スイカは単なる夏の果物ではありません。年間を通じて食べられる「国民的果物」なのです。中国の大手EC企業アリババの統計によると、スイカの売上高は果物カテゴリーで常に1位。さらに、スイカを使った料理も人気で、「スイカの炒め物」や「スイカのスープ」など、独創的なメニューが家庭や飲食店で提供されています。

日本でも話題!中国産「超甘糖」スイカ

この中国の「超甘糖」スイカが、ついに日本にも上陸しました。一部の高級果物店で販売が始まり、その驚異的な甘さから「砂糖をまぶしたみたい」「甘すぎて信じられない」といった口コミが続出。価格は1玉5,000円以上と高額ですが、その味は「至高の贅沢」と評されています。

スイカ大国・中国から学ぶべきこと

中国のスイカ消費量の多さは、単なる人口の多さだけでなく、品種改良と文化的背景が大きく影響しています。日本も、スイカを「夏の果物」という固定観念から解放し、より甘く、より多様な楽しみ方を提案することで、新たなスイカ文化を築けるかもしれません。中国発の「スイカ革命」が、日本の食卓を変える日も近いかもしれません。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。