その他

スイカのお話し
その他情報を紹介します。

種無しスイカどうやって作るの?

種無しスイカどうやって作るの?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

種無しスイカ作りの”究極の秘密”を大公開!

スイカの種を食べた経験は誰もがあるはず。でも最近では、種がない「種無しスイカ」が主流になってきました。
果たしてこの種無しスイカ、一体どうやって作られているのでしょうか?

今回は、種無しスイカ作りの”究極の秘密”を農家の方から聞き出しましたので、大公開します!

種無しスイカ作りの3つの方法

  1. 遺伝子組み換え
    スイカの種を人工的に操作し、種が出来にくい品種を作る方法です。種子会社が中心に行っています。
  2. 八つ折り栽培
    スイカの花に袋をかけて受粉を防ぐ方法。農家でよく行われる伝統的な手法ですが、種が残る場合もあります。
  3. 植物ホルモン処理
    スイカの花に植物ホルモンを処理すると、種の発育が止まります。100%種無しを実現できる有力な手段です。

ここで注目なのが3つ目の「植物ホルモン処理」。この方法は比較的新しい技術で、最近の種無しスイカブームの立役者なのです。

具体的には、スイカの雌花に特殊な植物ホルモンを散布します。これにより、雌しべの発育は進むものの、種の発芽が抑制されるため、種無しのスイカが収穫できるようになります。

このように、農家の方々が植物ホルモンを適切に活用することで、おいしくて種が気にならない”究極の種無しスイカ”を作り出しているのです。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。