本日の作業

食の安全に配慮し、日々の作業内容を公開しています。

美味しいすいかづくりの秘訣 ~定植後霜対策で欠品を防ぐ~

5月上旬まで霜対策が美味しいスイカづくりには、必要不可欠な作業

美味しいスイカづくりには、霜でスイカが枯れるのを防ぐ為、

霜対策をする。

美味しいすいかづくりの作業 本日の定植は辰王1圃場(第二圃場)

2重の被覆で霜対策

風があると時間が掛かり

翌日にずれ込む。美味しいすいかづくりの作業 は地道な作業の繰り返し!

美味しいすいかづくりの作業 霜対策の種類は

3重被覆は美味しいすいかづくりの必須作業

信州波田のエリアはまだ霜対策が必要。第一圃場は3重被覆を行う。美味しいすいかづくりの作業には欠かせない作業だ。以下は作業の内容を紹介します。

4月上旬定植のスイカは、

3重に被覆をする。

1:ピラミット型の帽子(ダイヤキャップ)

霜対策ダイヤキャップ
霜対策ダイヤキャップ

2:不織布の小テント

3:ビニールのテント

これでダメなら上直し。

2重被覆

第二圃場から2重被覆

1:ダイヤキャップ

2:ビニールテント

一重のテント

ビニールのテント

根付くとマイナス4℃もで耐えられる。

一般的な霜対策あれこれ

風量計の使用

作物の霜対策にはいくつかの方法があります。以下にいくつか例を挙げてみます。

  1. 保温材の使用:霜が降りる前に、植物を覆う保温材を敷きます。これによって、植物に直接霜がつくのを防ぎ、植物を保護することができます。保温材には、枯葉や麻酔紙、布、稲わらなどがあります。
  2. 水やり:霜が降りそうな日は、植物の周りに水をまきます。水が蒸発する際に、熱を吸収して植物を保護することができます。
  3. 風量計の使用:霜が降りるときは、風が静かになる傾向があります。風力計を使って、風が弱まるときに植物を保護する対策を講じることができます。
  4. 暖房器具の使用:霜の予報がある場合は、植物を覆う保温材の中に暖房器具を入れることができます。暖房器具には、電気ストーブ、石油ストーブ、炭ストーブなどがあります。
  5. 植物の種類の選択:霜に強い植物を選ぶことも大切です。例えば、寒冷地に生息する樹木や野菜類などは、霜に強い種類が多いです。

これらの方法を組み合わせて、霜による被害を最小限に抑えることができます。ただし、対策を講じる前に、栽培する植物の種類や気象条件を考慮することが初心者には重要です。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の農家が栽培する
甘さ(糖度が人気の
スイカを通販(注文)で
お取り寄せください。

朝どりしたスイカを
送料無料で発送し、
ご自宅まで産地直送を
通販で・・・

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。