スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカは大玉のほうが甘いって本当なの??

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

昔からよく大きいスイカのほうが甘いよって。最新にデータではどうなのか調べてみました。

スイカ”デカ実説”の真相に迫る!大玉=甘いは本当か?その”意外な秘密”を暴露!

スイカ選びの時、多くの人は大玉を選びがちですよね。でも本当に「大玉=甘い」のでしょうか? 実はこの”デカ実説”、意外な真実が隠されていました。なんと大玉が一番甘いわけではないどころか、かえって小ぶりな実の方が糖度が高い可能性が! スイカ通なら誰もが知るべき、この重大な秘密の内容とは一体…?今すぐ確かめてみてください。

大玉は甘い?それはただの”神話”だった!

スイカ選びで誰もが実践している「大きければ良いスイカ」というルールですが、実はこれただの”デカ実神話”だったのです。スイカの甘さを決める要因は、実の大きさではなく、他の条件にあったことが分かっています。大玉スイカは重量がすばらしいだけで、糖度が高いわけではないのです。

逆に小ぶりな実の方が甘い?その理由は…

一方で近年の研究で、小ぶりなスイカの方が実は甘い場合が多いことが明らかになってきました。その理由は、日照時間と水分の関係にあります。小ぶりな実は、適度な水分量で育つため、日光に当たる時間が長くなり、糖度が高くなるそうです。つまり、スイカの”最高の味”は小ぶりな実にあるのかもしれません。

本当の甘さを左右する”2つの条件”とは?

では一体、スイカの本当の甘さを決める条件は何なのでしょうか? それは、①育った環境(気温・日照時間)と、②品種の2点だと言われています。産地や気象条件によって味が変わるのはもちろん、品種によっても味が大きく変わるそうです。つまり、デカ実よりもこの2点を重視すべきなのです。

新鮮さも極甘の決め手に!

そしてスイカの甘さを決める最後の条件が、”新鮮さ”です。時間が経つほど糖度は下がってしまうので、スイカはなるべく新鮮な状態で食べたいものです。このように、デカ実より、環境・品種・新鮮さを重視することが大切なのです。

まとめ

大玉スイカが一番甘いというのは、ただの”神話”だったのです。実は小ぶりで、産地や品種、新鮮さなども加味すれば、最高に甘いスイカに出会える可能性が高くなるのです。これからは”デカ実説”にとらわれず、これらの条件を意識してスイカ選びをしてみてはいかがでしょうか。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。