スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカを食べていいのは何歳から?離乳食には出来るの?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカは何歳から食べて良いのか乳児に離乳食として与えて良いのか調べてみました。

スイカ離乳食入り!?実は”早食い”できる緻密な理由と、安全な開始時期

真っ赤な果肉と甘みたっぷりのスイカは、大人も子どもも大好きな夏の味覚。しかしその一方で、スイカは離乳食に取り入れるのは危険と考えられがちです。でも実は、スイカには早期からOKな”秘密の理由”があったのです。今回は安心して赤ちゃんにスイカを食べさせられる正しい方法と、適切な開始時期をご紹介します。

スイカと離乳食

離乳食にスイカって本当にいいの?

離乳食で避けられがちなスイカですが、実はとてもお勧めの食材なのです。スイカには豊富な水分が含まれているため、赤ちゃんの便秘対策に効果的。さらにビタミンC、カリウム、食物繊維も豊富で栄養価が高いことが特徴です。柔らかな食感なので、早期から食べさせられる上級食材なのです。

スイカ離乳食はいつからOK?正しい開始時期とは

スイカは生後5~6か月頃から離乳食に取り入れることができます。最初は果汁を少量混ぜるところからスタートし、慣れてきたら果肉のペーストを上げていきましょう。10か月を過ぎれば、つぶつぶスイカも食べさせられます。アレルギーへの配慮から、スイカを初めて食べさせるときは様子を見ながら量を控えめにするのがベストです。

安全に食べさせるための”スイカ離乳食”作り方

スイカの種やヘタはしっかりと取り除いて下さい。柔らかく煮崩れしないよう、電子レンジで加熱するのがおすすめ。汁を使わずにペースト状にして、初期の頃は少量からスタートします。徐々に量を増やしながら、赤ちゃんの様子を見守りましょう。

まとめ

今回ご紹介したように、スイカは意外と早期の離乳食にも適した食材なのです。正しい開始時期を守り、調理法を工夫すれば、安心して赤ちゃんにスイカを食べさせられます。豊富な栄養素を赤ちゃんに届けられる、夏の味覚を是非取り入れてみてくださいね。

如何でしたでしょうか。参考にしていただければ幸いです。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。