スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

冷やしすぎはデメリット!

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカは冷やしすぎるとデメリットがあるといいます。初めての方に紹介したいと思います。

スイカの冷やし過ぎ注意報!知っておきたい”究極の冷やし方”

真っ赤に輝くスイカは、夏の代名詞的な存在です。ひんやりと冷えたスイカは、暑い夏には最高の癖になる美味しさ。そんなスイカですが、冷やし過ぎには意外なデメリットがあるのをご存知ですか?今回は、スイカの適切な冷やし方と冷やし過ぎへの注意点をご紹介します。

スイカの冷やし過ぎは栄養を失う

スイカには豊富なビタミンCやリコピン、クエン酸などの栄養素が含まれています。しかし、スイカを長時間低温に冷やし続けると、これらの栄養素が破壊されてしまう可能性があります。栄養価が低下するだけでなく、本来の美味しさも損なわれてしまうのです。

冷凍すると食感が変わる

スイカを冷凍庫に入れ過ぎると、スイカの食感が大きく変わってしまいます。本来のシャキシャキとした食感は失われ、ぷくぷくした独特の食感になります。また、解凍後はスイカの水っぽさが増し、味が薄れてしまうリスクもあります。

適切な冷やし方

スイカの理想的な温度帯は10℃前後とされています。冷蔵庫で3〜4時間程度冷やせば、この温度になります。あまり長時間冷やし過ぎないよう気をつけましょう。また、切り分ける直前まで常温に戻しておくことで、本来の旨味が損なわれずに食べられるでしょう。

冷やし過ぎには注意

ここまでの内容から分かるように、スイカを冷やし過ぎると本来の味や栄養価を損なってしまう恐れがあります。暑い日に食べるスイカならば、軽く冷やせばよく、氷点下まで冷やす必要はありません。むしろ味を損なう可能性があるので、冷やし過ぎには十分気をつける必要があります。

スイカは夏の味覚を彩る重要な果物です。本来の美味しさを十分に楽しむためには、適切な冷やし方を心がける必要があるのです。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。