歴史

スイカのお話し
スイカの歴史に関する情を紹介いたします。

スイカは数千年前からあった

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカの誕生には諸説あるが、何年前から存在してたのか調べてみました。

スイカ(西瓜)は、実際には数千年以上も前から存在していると考えられています。スイカは主に熱帯および亜熱帯地域が原産地であり、古代エジプトや古代中国で栽培されていました。
やはりこの説で間違いないようですね!

スイカの起源は明確には分かっていませんが、考古学的な証拠から、スイカの種や絵画が古代エジプトの墓やピラミッドの中から見つかっています。これらの証拠から、紀元前2000年ごろにはスイカが既に栽培されていた可能性が高いとされています。

また、古代中国でもスイカは栽培されていたとされており、紀元前10世紀から紀元前3世紀ごろの文献にスイカに関する記述が見られます。これらの文献によれば、当時のスイカは現代のものよりも小さく、種の数も多かったとされています。

したがって、数千年前からスイカは既に存在していたと考えられています。スイカは長い歴史の中で品種改良が進み、現代のような大きさや甘さを持つ品種が開発されました。

スイカの語源


「スイカ」の語源は、ポルトガル語から派生したものであり、ポルトガル語での「melancia」が元になっています。これは、アフリカの言語であるツアレグ語から来たとされています。

スイカが最初に栽培された地域の一つであるアフリカのツアレグ語では「wille」または「wala」という単語があり、これがポルトガル語に取り入れられて「melancia」になりました。この語が他のヨーロッパ言語に広まり、英語では “watermelon”(水の中のメロン)として知られるようになりました。

スイカの名前には、「水分が豊富でメロンの仲間である」といった果物の特性を示す要素が含まれています。水分が多く、夏の暑い季節に特に爽やかな果物であることから、このような名前が付けられたと考えられています。

如何でしたでしょうか。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。