本日の作業

食の安全に配慮し、日々の作業内容を公開しています。

スイカ肥料散布 第2圃場

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が本日の主な作業を紹介。

風が無く散布日和

第2圃場辰王3・4

味の素ステビア2種類

魚のボカシ

海のマグ

海の化石

テント張り

第2圃場辰王1

少し風がありテントがまくれる。

本日のマルチ内地温

マルチ内地温17度 外気0度

いい感じです。

いい感じで地温が上昇

マルチ内地温の最適温度とは

スイカの栽培におけるマルチ内地温の最適温度は、一般的に20〜30度 Celsius(68〜86度 Fahrenheit)の範囲とされています。この範囲では、スイカの発芽や成長が最も効率的に行われます。

マルチングは土壌の保温効果を持つため、早春や寒冷地などの低温条件下でのスイカ栽培に特に有用です。マルチが土壌の表面を覆うことで、土壌の温度を上げ、スイカの発芽を促進し、苗の成長を早めることができます。

ただし、高温環境下でのスイカ栽培においては、マルチングによる保温効果が逆効果になる場合があります。マルチ下の土壌温度が過度に上昇すると、スイカの生育に悪影響を与える可能性があります。このような状況では、適切な換気や遮光対策などを行うことが重要です。

地域の気候条件や栽培環境によっても最適なマルチ内地温は異なる場合があります。特に気候の変動が激しい地域では、地域の農業機関や専門家のアドバイスを参考にすることが推奨されます。また、スイカの品種によっても耐寒性や耐熱性に違いがあるため、品種の特性に合わせた管理が重要です。

総合すると、スイカの栽培における最適なマルチ内地温は20〜30度 Celsius(68〜86度 Fahrenheit)の範囲であり、地域の気候や栽培条件によって調整する必要があります。適切な温度管理を行いながら、スイカの健全な成長をサポートすることが重要です。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の農家が栽培する
甘さ(糖度が人気の
スイカを通販(注文)で
お取り寄せください。

朝どりしたスイカを
送料無料で発送し、
ご自宅まで産地直送を
通販で・・・

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。