スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

家庭菜園で育てられるのにおすすめのスイカは?

家庭菜園で育てられるのにおすすめのスイカは?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

家庭菜園で育てるのにおすすめのスイカの品種は、小型で管理しやすく、家庭用の庭やプランターでも十分に育てることができるものがあります。以下は、家庭菜園向きのスイカの品種の一例です。

ボールズ(Babylon)

小型で丸い形状をした品種で、庭やプランターでも育てやすいです。果実の大きさは1〜2キログラムほどで、甘くてジューシーな味わいがあります。

スイートベイビー(Sugar Baby)

コンパクトで育てやすく、短期間で収穫できる品種です。果実は中型で、甘くて赤みのある果肉が特徴です。庭やプランターに適しています。

ティニータイム(Tiny Tim)

非常に小型で、室内でも育てることができるコンパクトな品種です。成熟までの期間が比較的短いため、手軽に育てることができます。

ピクニック(Picnic)

中型の果実をつける品種で、庭やプランターでの栽培に適しています。果実は食べやすいサイズで、甘味があります。

ボビタス(Bush Sugar Baby)

コンパクトかつブッシュ状の植物で、庭やプランターでのスペースを取りません。成熟するまでの期間が比較的短いです。

まとめ

これらの品種は、小規模な家庭菜園で育てやすく、収穫までの期間が短いものが多いです。地域の気象条件や栽培環境に合った品種を選ぶことも重要です。また、地元の園芸センターや専門家に相談して、最適な品種を選ぶのも良いアイデアです。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の農家が栽培する
甘さ(糖度が人気の
スイカを通販(注文)で
お取り寄せください。

朝どりしたスイカを
送料無料で発送し、
ご自宅まで産地直送を
通販で・・・

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。