スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカって1つで何人分?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカの大きさや重さによって、1つで何人分になるかは異なります。通常、スイカは大きさによっていくつかの部分に分けられ、それぞれが一人分のサイズとなります。大抵の場合、一つのスイカは4〜10人分になります。

スイカ1つで何人前!? その”驚愕の分量”の秘密がついに解き明かされる

夏になると食卓に欠かせないスイカ。一見でかさばりそうですが、果たしてスイカ1つで何人分の量があるのでしょうか? この記事では、スイカの”驚愕の分量”について、その秘密に迫っていきます。意外な答えが待っているかもしれません。

一般的なスイカのサイズと重さ

まずは、一般的なスイカのサイズを確認しましょう。市場に並ぶスイカの大きさは、約30cm前後が一般的です。重さは6kg前後が標準的な数値です。つまり、標準的なスイカの重さは、大人の体重の10%程度に相当するわけです。

1つのスイカで何人前になるのか?

さて、大人1人がスイカを食べる適量は300g程度と言われています。これを踏まえると、標準的な6kgのスイカは、なんと20人前にもなるのです。スイカはファミリーやグループで分けて食べるものだと思われがちですが、1つで大人数分の量があるというわけです。

栄養価から見た”1人前”の意外な真実

一方で、スイカの栄養価から見た”1人前”はさらに少ない量になります。スイカは水分が90%以上を占めており、熱量は100g当たり30kcalしかありません。この点を考えると、1回当たり100g程度の摂取で十分に済んでしまうのです。

最適な”1人前”を知る”究極の方程式”

このように、スイカ1つの”驚愕の分量”は、捉え方によって変わってきます。ただし、最適な”1人前”の量を知る”究極の方程式”があります。それは以下の通りです。 “1人前のスイカの量” = 300g ÷ 同席人数 例えば、家族4人でスイカを食べるなら、1人当たり75g(300÷4)が適量になります。この計算式を活用すれば、誰でもスイカの最適な分量を知ることができます。

夏に欠かせないスイカですが、気をつけないとつい食べ過ぎてしまいがちです。この機会にスイカの”驚愕の分量”の秘密を知り、上手に食べ分けを心がけましょう。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。