スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

ピノガールスイカの特徴は?

信州の小粋(ピノガール)

ピノガールスイカの特徴は?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

「ピノ・ガール」は、以下のような特徴を持つ小玉スイカの品種です。

  • 形状と大きさ:果重は1.5kg~2kgで、形はやや縦長の長楕円です。
  • 色と模様:果皮表面は一般的な小玉スイカと同じ緑の地に暗緑色の縦縞が入っています。
  • 果肉:果肉は濃桃色で、白い部分がほとんどなく、皮がとても薄いです3。また、果肉はやや硬めでシャリ感がしっかりとあり、糖度が高いのが特徴です。
  • :最大の特徴が種の大きさで、一般的なスイカの種と比べて1/4と小さく、食べた時に種の存在がほとんど気にならず、『万が一タネを噛んでも柔らかなチョコチップのような食感で嫌な苦味がありません。』と紹介されています1。また、種が小さく、種子周りの果肉も劣化しにくいので、普通スイカに比べて日持ち性が優れるとのことです。

以上の特徴から、「ピノ・ガール」は従来のスイカに対する概念を大きく変える品種として注目されています。このスイカは、奈良県の種苗メーカーナント種苗株式会社が開発し、2020年から商業出荷が始まった新しい小玉スイカの品種です。

南原ファームもピノガールを栽培しております。お買い物はこちらより

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。