スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカをお弁当に持っていくには?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

美味しいスイカを弁当持っていくにはどうしたらよいのでしょう?気になるところ・・・

スイカのお弁当debu? 夏バテ知らずの”究極冷凍技”で楽しく差し入れ!

夏になるとスイカが恋しくなりますよね。でもお弁当に入れるとすぐ溶けてしまって大変…。そんな経験ありませんか?実はスイカを上手に冷凍保存すれば、手軽にお弁当に入れられる簡単な方法があるのです。この”究極の冷凍技”さえ知っていれば、いつでもスイカの美味しさを楽しめます。そして溶けずにしっかり持ち運べば、夏バテ対策にもなるでしょう。お弁当スイカの秘訣をここにお教えします。

スイカと弁当

お弁当スイカは冷凍保存が絶対おすすめ!

お弁当にスイカを入れるには、まず冷凍保存が大前提となります。生のスイカではお弁当の時間までにダメになってしまうからです。 そこで冷凍庫で保存する場合、一口サイズにカットしたスイカを一度ラップに包んでから冷凍するのがおすすめです。これなら手軽に摂取できる分量に小分けになり、口の中で溶けにくくなります。

冷凍時の”裏ワザ”で旨味キープ

さらにスイカの旨味を逃がさない”裏ワザ”を紹介しましょう。それは冷凍する前に、スイカに少し水を散らすことです。スイカを湿った状態で冷凍すれば乾燥を防ぎ、水分と甘みをキープできるのです。この裏技を活用すれば、お弁当で食べるスイカの美味しさが格段にアップするはずです。

冷凍スイカは夏バテ対策&低カロリーに役立つ

冷凍されたスイカは、その食感とジューシーな味わいから、お昼の暑さ対策やバテ防止に最適なのです。保冷剤があれば尚良いでしょう。 それに加えて、スイカには糖質が少なく低カロリーなため、ダイエット中の人にもおすすめです。自然とくいつなぎできずに済み、夏場の食欲も抑えられます。

手軽に作れる”うまみアレンジ”のアイデアも!

お弁当スイカに飽きたら、手軽な”うまみアレンジ”を試してみてはどうでしょうか。例えば塩を少し振りかけると、スイカの旨味が際立ちおつまみ感覚で楽しめます。あるいはオリーブオイルとブラックペッパーをかけるのも新鮮な味わいです。普段とは違った食べ方で、スイカのお弁当をより楽しめるはずです。

まとめ

お弁当にスイカを入れると、手軽においしい栄養補給ができ、夏バテ対策にもなる一石二鳥の食材なのです。上手な冷凍保存と”裏ワザ”を活用すれば、スイカ本来の旨味を堪能できること請け合いです。ぜひこの夏は、工夫を凝らしたお弁当スイカを持ち歩いてみてはいかがでしょうか。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。