スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカの水分は全体の何%

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカって水っぽいですよね!水分の割合って何%なのか調べてみました。

スイカの”究極の水分量”に隠された驚きの真実とは!?

夏になると食べたくなるスイカ。ジューシーで甘く、さわやかな味わいは夏にピッタリの美味しさです。しかしスイカは、実は水分がとてつもない量含まれているのをご存知ですか?その水分量の秘密に迫ります。

スイカと水分

スイカの94%が水分!

スイカの約94%は水分でできています。つまり、スイカの実質的な重さの大半は水分なのです。例えば500gのスイカならば、実に470gが水分ということになります。果物の中でも随一の高水分量を誇るのがスイカなのです。

豊富な水分量が旨味の源泉に

スイカの旨味やジューシーな食感は、この豊富な水分量が影響しています。スイカに含まれる糖分が溶け込む水分が多いほど、より一層甘みが増すのです。また、水分が多いほど歯ごたえのある食感と、喉越しの良さも実現します。栄養面でも水分は重要な役割を果たしています。

水分量の違いでスイカの個性が決まる!?

スイカの品種によって、水分量は若干異なります。一般的な赤肉系スイカは92〜96%程度が水分量ですが、黄肉系スイカは88〜92%と若干低めです。このわずかな水分量の違いが、個性的な味わいやコクの違いをもたらすのです。

水分量から見る絶品スイカの条件とは?

上質なスイカを見分ける一つの方法として、重さを手に取って確かめるのも良いでしょう。同じ大きさでも重いスイカは、高水分量を示す目安になります。また、種の周りの部分が水分で透き通っているのも旨味の証です。このようにスイカの水分量を意識することで、より美味しいスイカを選ぶことができるのです。

このようにスイカは大部分が水分でできており、水分量の違いで個性も生まれています。暑い夏には水分補給にもってこいのスイカですが、その一方で絶品の旨味の源泉にもなっているのがスイカの不思議な魅力なのです。

如何でしたでしょうか。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。