その他

スイカのお話し
その他情報を紹介します。

柔らかいスイカと劣化の関係とは?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカが痛んでいるのをあらかじめ知っておくことは役に立つと思い調べてみました。

柔らかいスイカと劣化の”究極の関係”に迫る!驚きの裏側がありました

夏到来とともに、スーパーの青果売り場にはたくさんのスイカが並びます。でもちょっと待ってください。そのスイカを選ぶ際、柔らかさはよくないことを意味するのでしょうか?実は柔らかいスイカと劣化には、意外な関係があるのです。その驚きの事実に迫ります。

スイカは熟すと柔らかくなる?それは間違い!

一般的に、フルーツが熟すれば柔らかくなると思われがちです。しかし実はスイカは例外なのです。スイカは熟しても果肉の固さは変わりません。つまり店頭で、柔らかいスイカを見かけたら、それは劣化の可能性が高いと考えるべきなのです。柔らかさは必ずしもスイカの熟し具合を表すわけではないのです。

スイカがスカスカになる前にある”劣化の第一兆候”

しかし、プロの農家さんが言うには、柔らかさはスイカの劣化を知らせる第一の重要なサインなのだそうです。熟した果物では柔らかさが旨味のサインになりますが、スイカの場合は逆なのです。柔らかくなるということは、実は果肉がスカスカになる前の兆候なのだとか。つまり、柔らかいスイカは劣化の入口に立っている証拠なのです。

柔らかいスイカを選んでしまった場合の究極の対処法

万が一、柔らかいスイカを選んでしまった場合の対処法があります。その裏ワザとは、スイカを冷凍するという方法です。柔らかくなったスイカを冷凍すると、水分が抜けシャリシャリの食感に生まれ変わります。スカスカ感もなくなり、新鮮なスイカのように旨さが濃縮されるのだそう。柔らかさ自体は劣化の兆候ですが、冷凍という裏ワザで劣化した味を一新できるのです。

このようにスイカの柔らかさと劣化には、意外な関係があったのですね。皆さんも青果売り場でスイカを選ぶ際は、柔らかさにも注目して旬の味わいを逃さないよう気をつけましょう。

如何でしたでしょうか。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。