スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカは冷蔵庫で何日もつ?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカの賞味期限”究極の延長テク”に驚愕!冷蔵庫に入れるだけじゃない

真夏の味覚の代表、スイカ。大きいスイカを買いすぎて、どうしても食べきれないことがあります。食べ残したスイカはどれくらいの期間、冷蔵庫で保存できるのでしょうか?この記事では、スイカの賞味期限を最大限に引き延ばす”究極のテクニック”をご紹介します。意外な方法に驚くはずです。

スイカの一般的な賞味期限

まずは一般的なスイカの賞味期限を確認しましょう。収穫直後のスイカは、常温で5日程度が賞味期限となります。一方、冷蔵庫に入れると10日程度は保存が効きます。つまり、冷蔵保存すれば2週間ほどはスイカを食べ続けられるということです。

問題はスイカが劣化する前兆

しかし、実際には冷蔵庫に入れただけではうまくいきません。スイカを冷蔵庫に入れ続けていると、次第に劣化の兆候が出てくるのです。 ・外皮が薄汚れてくる ・果肉の色が褐色に変色する ・甘みと香りが劣化する このような兆候が出てくると、スイカの風味は完全に失われてしまいます。

スイカの鮮度を保つ”究極の方法”とは?

そこでスイカの鮮度を保つ”究極の方法”が必要になります。その方法とは、スイカを「ラップで包む」ことなのです。スイカの表面全体をラップできちんと包めば、劣化の原因となる酸化を防げます。さらに密閉状態にすれば果肉の水分蒸発も防げ、風味とシャキシャキ感もキープできます。こうした手順を踏めば、スイカは冷蔵庫で最大3週間ほど日持ちするのです。

包丁さばきでさらに期間アップ!?

さらに上手な包丁さばきによって、さらなる期間延長も可能です。スイカの皮を含め傷つけずにスライスすれば、食べかけの部分から酸化が進行するのを最小限に抑えられます。このテクニックを加えれば、冷蔵保存で1ヶ月以上の日持ちも夢ではありません。

単に冷蔵庫に入れるだけではダメ。スイカの賞味期限を最大限に伸ばすには、ラップ包みが鉄板の”究極テク”だということがわかりました。この方法を実践すればきっと驚くほど長い間、おいしいスイカを楽しめるはずです!

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。