スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカ買ってから何日もつ?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏がスイカ買ってから何日もつ?を紹介いたします。

いくつかの要素によって異なります。以下は一般的な目安ですが、個々の条件によって異なる場合があります。以下を参照ください。

スイカの”究極の長持ち術”を知れば家庭で最大20日は保つ!?

スイカは夏の味覚の王者ですが、一度に食べきれないことも多く、日持ちが気になるところ。そこで今回は、スイカの日持ちに関する究極の情報をご紹介します。この方法を実践すれば、スイカは最大20日も日持ちするのです!

スイカの一般的な日持ち

スイカの一般的な日持ちは、冷蔵庫に入れずに常温で保存した場合、およそ5日前後と言われています。ただし、こうした日持ち期間は適切な保存方法を取らなかった場合のものです。実は、正しい方法で保存すれば、ずっと長持ちさせることができるのです。

冷蔵保存で最大10日まで日持ち!

スイカの日持ちを伸ばす最も基本的な方法が、冷蔵保存です。スイカは湿度と低温に弱い性質があるため、ラップに包んで冷蔵庫の野菜室に入れると、およそ7~10日ほど日持ちするようになります。

究極の長持ち術で20日も可能!

では、冷蔵保存以外にどのような方法があるのでしょうか。

皮を剥がずに保存するのがコツ

スイカを長持ちさせる究極の方法は、皮を剥がずに保存することです。皮を剥いでしまうと、からみとなる皮の保護がなくなり、早く劣化してしまいます。美味しく食べられる期間は大幅に短くなります。

ポリ袋に入れて密閉する

さらに、剥がずにそのままのスイカを、ポリ袋に入れて密閉します。これにより空気に触れる機会を極力減らすことができ、日持ちが格段に良くなります。この方法なら、家庭で最大20日近くまでスイカが日持ちするのです。

冷蔵庫より高温の場所で保存

最後のポイントが保存場所です。冷蔵庫よりもむしろ、15度から20度前後の高温の場所で保存するのがおすすめとされています。なぜなら低温過ぎると逆に甘みや風味が損なわれてしまうからです。

このように、スイカを剥がずに密閉し、適温で管理することが長持ちの秘訣なのです。この究極の方法を活用すれば、スイカの旬を長く楽しむことができるでしょう。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。