豆知識

スイカのお話し
スイカの豆知識に関する情報をご紹介。

スイカの種が白と黒色で違うのはなぜですか?

スイカの種が白と黒色で違うのはなぜですか?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカの種が白と黒で異なる色をしているのは、遺伝子によるものです。スイカの種は、白いものと黒いものがありますが、これは異なる遺伝子によって制御されています。

スイカの果肉は赤い色素であるリコピンを含んでおり、これがスイカを赤く染めています。一方で、スイカの種はリコピンをほとんど含まないため、その色は果肉とは異なります。白い種はリコピンが少ないために白く見え、黒い種は黒く見えるのです。

遺伝子によって種の色が制御されているため、異なる組み合わせの遺伝子を持つスイカの品種では、種の色も異なることがあります。これは、スイカの遺伝的な多様性によるもので、さまざまな見た目や特徴を持つスイカが存在する一因となっています。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。