スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカを食べるとき、種を取る必要がありますか?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカの”種はとらずに”食べる?! 知られざる栄養の宝庫に衝撃の事実が明らかに

みなさんは、スイカを食べる時、いつも種を取り除いていませんか?でも実は、その種こそが見過ごされがちな”栄養の宝庫”だったのです。しかも、種を残しておいしく食べられるという、まさに一石二鳥の”究極の食べ方”があることが判明しました。今もなお当たり前と思われている常識を覆す、この驚きの事実。スイカの新しい魅力に、きっと多くの人が目を見張るはずです。

スイカの種に潜む”ミラクル成分”とは?

スイカの種にはプロテオグリカンという抗酸化作用の高い優れた成分が豊富に含まれています。この成分は老化の原因となるフリーラジカルを除去し、アンチエイジングや美肌作用にも優れているのです。さらに、食物繊維やミネラル、ビタミンなども種に凝縮されているため、これらを取り除いてしまうのはもったいないのです。

種ごと食べる”くし形”が最高に美味

そこで、スイカの種をそのまま残して食べるのがおすすめです。具体的には、スイカの果肉を細長い”くし形”に切り分け、その状態で食べるのが最も手軽な方法。旨味や風味が損なわれることなく、ジューシーな果肉とプチプチッとした食感の種を一緒に楽しめます。

お酒のつまみとしてもぴったり

さらに種ごと食べると、意外なメリットがあります。それは、お酒のつまみとしてぴったりなことです。スイカは食物繊維が豊富なので、お酒の肝臓への負担を軽減してくれるのです。ビールやワインと一緒に、くし形のスイカを堪能すれば、栄養補給とお酒の醍醐味を同時に味わえます。

180度見直したスイカの魅力に酔いしれろ

このように、スイカの”究極の食べ方”は、今までの概念を180度覆すものでした。味わいと健康、さらにお酒との相性まで兼ね備えたスイカの新しい魅力に、ぜひ一度酔いしれてみてはいかがでしょうか。きっと、これまでにない新鮮な発見があるはずです。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。