スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカ割りは公式ルールがありますか?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカ割って目隠し状態で砂浜でただ割るというイメージですが、公式ルールがあるって知って今しやか?

スイカ割り、その”究極のルール”がスゴすぎる!

夏になると、スイカ割りを楽しむ人も多いのではないでしょうか。しかし、あれっ?と思ったことはありませんか?一体、スイカ割りには決まったルールがあるの?そんな疑問を、この記事ですっきりと解決します。スイカ割りの”究極のルール”を紹介しますので、ぜひご覧ください。

スイカ割

スイカ割りの起源は日本の伝統行事

スイカ割りの起源は古く、日本の伝統行事にさかのぼります。もともとは、夏越の祓えにスイカを割って清めるという習わしからきています。その後、農家の人々に取り入れられ、収穫祭のひとつとして親しまれるようになったと言われています。つまり、それなりの意味合いがあるのです。

立ち位置や割り方にもルールがある

スイカ割りには、立ち位置や割り方など細かいルールがたくさんあります。例えば、立つ位置は東を向かなくてはいけません。それは朝日を敬う習わしからきています。また、割る方法も定められています。真っ直ぐ振り下ろす「剣戟(ケンスイ)」と、上から垂直に落とす「垂訓(ケンスイ)」の2パターンが認められているのです。

視力の良し悪しを競う”運試し”の意味も

ルールにはさらに、見た目を判断させるものもあります。スイカ割りは、視力の良し悪しで美味しそうかどうかを見極める”運試し”の要素もあったのです。昔の人々は、どの部分を割れば果肉がよりおいしそうか、見た目で判断していたそうです。スイカ割りには、そんな面白い意味も込められていたのです。

ルールにも伝統文化が息づく

このように、スイカ割りには日本の伝統が随所に息づいているのがわかりますね。単なるスイカ割りだと思っていましたが、実はその背景には、昔の人々の知恵や精神性が詰まっていたのです。ルールを知ることで、新たにスイカ割りの魅力が発見できそうです。

正しいルールを知って本当の意味を味わおう

スイカ割りを単なる遊びと考えるのはもったいありません。その奥深さや、伝統文化としての意味を知れば、一層楽しめることは間違いありません。正しいルールを学び、日本の伝統行事としてスイカ割りを体感してみてはいかがでしょうか。きっと新たな発見があるはずです。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。