スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカの原産地はどこでしょうか?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカの原産地とはスイカ栽培時に教わったのですが、皆さんはご存じですか?調べてみました。

スイカの”究極の原産地”、その場所が意外すぎる!

夏といえばスイカ。みずみずしくて甘い、大きくてまるい実は日本の夏の風物詩です。でも、一体どこからやってきた果物なのでしょうか?みなさんが想像する場所とは全く違う”究極の原産地”があり、その場所が意外すぎるのをご存知でしたか?

スイカの原産地

日本ではなく、アフリカが起源だった!

スイカの原産地は、実は日本ではありません。多くの人が考えるアジアでもなく、意外にもアフリカ大陸だったのです。スイカの古い歴史は紀元前3000年頃まで遡り、古代エジプトの文献にその姿が描かれているとされています。

南部サハラ砂漠の一部が発祥の地

さらに詳しい発祥の地を探ってみると、南部サハラ砂漠一帯とされています。現在のナミビア、ボツワナ、ジンバブエ付近の半乾燥地帯が、最初にスイカが自生していた場所だったようです。その後、スイカは地中海沿岸部へと広まり、世界中に伝播していったと考えられています。

種子から食用になった進化の歴史

当初スイカは、その種子を食用にするために栽培されていました。一方で、当時から果肉の部分を食べる習慣もあったようです。時代と共に、果肉の美味しさが注目されるようになり、現在のようなジューシーできれいな実が生まれたのだとか。

スイカが教えてくれる食文化の多様性

このように、スイカには長い歴史と、ユニークな起源があったのです。私たちが普段口にしているスイカにも、こんな興味深い背景があったとは驚きです。スイカから学べるのは、世界にはさまざまな文化や習慣があるということ。食べ物を通して、地球の多様性に触れることができるのかもしれません。

原産地の事実を知って新たな視点を

いかがでしたか?スイカの”究極の原産地”が分かったことで、この赤い果物を新たな目線で見られるのではないでしょうか。美味しさだけでなく、起源を知ることでスイカに対する理解が深まります。これを機に、スイカの新しい一面を発見してみてはいかがですか。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。