スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

スイカは1日何個まで?

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

スイカの摂取量は、個人の身体状態や体調、生活習慣によって異なります。一般的には、適度な量を摂取することが健康に良いとされています。

スイカの”1日適量”に隠された健康の秘密!

夏が来れば食べたくなるスイカ。ジューシーで甘みたっぷりの味わいは、誰もが大好きな一品ですね。しかし食べ過ぎは健康に良くないと言われています。一体1日にどれくらいの量が適量なのでしょうか?今回はスイカの適量について、その根拠とともにご紹介します。

スイカの1日適量はこれくらい

一般的に、スイカの1日適量は体重の1%程度とされています。例えば体重が60kgの人なら、約600gが目安となります。1個分に換算すると中くらいの大きさの1個ですね。これ以上食べ過ぎると、ひと夏で糖尿病になるリスクもあると指摘されているのだとか。スイカにも糖分が多く含まれている食品ですから、控えめな量が適切だと言えそうです。

糖分だけでなく、カロリーも気を付けて

スイカの過剰摂取を控えたい理由は、糖分の量だけでなくカロリーにもあります。実はスイカの糖質は100g当たり約8g程度とそれほど高くありませんが、カロリーは同量で約30kcalもあるのです。おなかいっぱい食べれば案外カロリーが高くなってしまい、肥満のリスクにもつながりかねません。食べ過ぎに注意が必要なのは、こうした理由からなのです。

消化酵素が潰れる恐れも!?

そして過剰摂取は別の意味でも体に悪影響があるのだとか。スイカにはプロテアーゼという消化酵素が含まれていて、これが大量に体内に入ると我が身の消化酵素を分解してしまうリスクがあるのだそう。消化酵素が潰れてしまえば、栄養の吸収はおろか、健康を損ねかねません。プロテアーゼの働きを最小限に抑えるため、適量を守ることが大切なのかもしれません。

健康に気をつけて適量を守ろう

このようにスイカの適量には、健康上の理由があったのですね。美味しすぎて食べ過ぎてしまいがちですが、上記の様々なリスクを避けるためにも、自分に合った食べ過ぎない適量を心がける必要がありそうです。スイカの美味しさは常に適量の範囲内で堪能するのが健康的なスタイル。この機会に改めて、健康のことも考えながらスイカを楽しんでみてはいかがでしょうか。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。