スイカのお話し

スイカにまつわる話を提供いたします。

信州の黄昏(金色羅皇)の肉色について

信州の黄昏(金色羅皇)の肉色について

当農園の園主栽培経験が60年の杉山氏が解説。

信州の黄昏(金色羅皇)の果肉色

黄金色

黄金色=ゴールド色は赤茶色の種とのコントラストがいいですね。

でもよく見る(ぱっと見)と黄金色一色ではありません。

黄金色の中に更に濃い黄金色・薄い黄金色・透き通る様な黄金色・褐色に近い黄金色等があります。

黄金色の違いについて説明します。

ゴールデンベルト

太陽の光を十分に浴びるとできる現象。蜜入りりんごの蜜と違って、美味しく食べられます。

うるみ

高温の直射・長時間高温・水分(養分)不足等が原因で発生する症状。

初期の段階

レベリ1・2:問題なく美味しく食べられますが、

中気症状

レベル3:不快を感じます。

末期症状

レベル4・5:食感が悪く、強い不快感を感じます。

下記に画像を貼り付けました。画像はナント種苗のパンフレットより抜粋しています。

美味しスイカは産直に~

スイカの名産地信州波田
地域の人気農園より直送
疲れた心と身体に、スイカの爽やかな恩恵。
自分へのご褒美、感謝の気持ちを込めて贈りませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。